Top > 治療内容 > マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療

????

 

装置が目立たない、快適なお口の環境を維持したまま行える矯正治療。日本橋はやし矯正歯科では、デジタル矯正システムを応用した、全く新しいマウスピース型歯科矯正装置による矯正治療を提供します。

一般的には、軽微な凸凹やすきっ歯を治すために用いられていますが、歯を抜くことが必要な難しい症例にも適用することが可能になってきました。
現在、いくつかのシステムが日本で用いられていますが、歯根や顎の骨の三次元(3D)情報をもとに最適なマウスピース型歯科矯正装置による矯正治療の治療デザインを提供できるのは、日本橋はやし矯正歯科が採用しているデジタル矯正システムのみであり、世界でも新しいマウスピース型歯科矯正装置による矯正治療です。

※アライナー完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

????

 
 

矯正技術にはメリットデメリットや向き・不向きがあります。治療の前にしっかりと認識しておきましょう。

マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療のメリット

・歯に透明な装置をかぶせる方法なので、装置が目立たず見た目に分かりづらいです。

・装置が取り外せるので、歯磨きなどのお口の環境維持がとても楽に行えます。

マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療のデメリット

・比較的軽微な症状の改善に向いており、適用できない症状が他の矯正技術に比べて多いです。

・ゆっくりと歯を動かす方法であるため、治療期間が長くなる場合があります。

・装置を使わないと治療が進まず元に戻ってしまうこともあるため、患者様の協力度が治療期間に大きく影響します。

・他の矯正技術に比べて、来院していただく回数が増える場合があります。

治療期間

実際の期間は状態によって大きく異なりますが、少しずつ歯を移動する方法であるため、他の矯正治療と比較するとやや長くなる傾向があります。また患者様が毎日正確に装置を装着するかどうかが治療の期間に大きく影響してきます。

費用:通常価格100万円

????

 
 

マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療に向いている人

・歯に接着する装置(表側や裏側などで一般的に使用する装置)を使わないで治療がしたい方

・歯磨き、歯のお手入れを重視して、より快適なお口の環境を維持しながら治療を行いたい方

????