Top > 治療内容 > インプラント矯正

????

 

小さな装置を埋め込み奥歯の代わりにして全体を引っ張ることで、非常に精度の高い矯正が行えます。

矯正用に開発された小さなスクリューは、上顎や下顎の骨のさまざまな部位に埋め込むことが可能で、多様な治療方法をデザインすることができます。またデジタル矯正システムとの併用により、複雑な治療方法が求められる難しい症状の場合でも、シンプルな治療デザインが可能となり、短い治療期間と質の高い治療結果を提供いたします。

????

矯正技術にはメリットデメリットや向き・不向きがあります。治療の前にしっかりと認識しておきましょう。


インプラント矯正のメリット

・歯を大きく移動させることができるので、ダイナミックな歯列矯正が行えます。

・大きな力をかけて歯を動かすので、治療期間も比較的短くて済みます。


インプラント矯正のデメリット

・顎の骨にスクリューを埋め込むので、外科的な処置が必要となりますので、患者様の身体に負担を伴います。

・稀にスクリューが脱落する場合があります。

・矯正の状態によっては歯磨きが難しくなる場合があります。


治療期間

併用する治療方法により変動しますが、インプラントを併用しない場合に比べると一般的に期間が短縮されるケースが多いです。

費用

・インプラント矯正用材料 3万円~
(使う本数やインプラントの種類により多少変動します)

????


インプラント矯正に向いている人

・前歯を多く後ろに下げる必要があるなど、歯を大きく移動したい場合はインプラントは非常に向いています。同じように歯を大きく動かす方法としては外科手術を併用する方法がありますが、外科手術に代わる治療法を必要とする方にはインプラントがオススメです。

????