Category Archives: ブログ

method_img05

矯正治療中の発音・喋りづらさについて

こんにちは。日本橋はやし矯正歯科スタッフです。

 

前回のブログで、【矯正治療中は喋りづらい、発音しづらい?】ということに触れましたので、少し詳しくお話ししていきたいと思います。

 custom_combination3「マウスピースが良いの?」というご質問をお受けすることもしばしばですが…。

 

 

【人前で話をする方に多いご相談】

人前で話をされることをお仕事にされている方って多いですよね。例えば

  • プレゼンテーション機会の多い営業マン
  • お客様の前でお話される販売業の方
  • 司会業の方
  • 歌手、声優の方
  • タレント、女優業の方

上記以外にも、実に様々な方が人前でお話をされることを生業とされています。

 

人間は対面してコミュニケーションをすることがとても重要で、そうなると「表情」とともに「声、発音」も重要になってきますね。

 

矯正歯科では「発音」についてのご相談がとても多いのです。そこで前回のブログでは少しだけ説明させて頂きました。

 

▼前回のブログはこちら
矯正治療中に気をつける5つのこと。

 

こちらのブログには「喋りづらい、発音しづらい」ことについて以下のように記載しています。

結論から申し上げますと、裏側矯正もマウスピース矯正も最初のうちはどうしても違和感があるので喋りづらくなってしまいます。しかし、徐々に慣れてくると普通に喋ることができるようになりますので、ご安心ください。

 

 

 

【裏側矯正とマウスピースはどちらが良い?】

 

「マウスピースの方が発音に支障が出ないと聞いた」という方もいらっしゃいますが、けっしてそういうわけではありません。

どちらも矯正装置を着けた2、3週間程度は発音に問題が生じる場合があります。

 

これは口の中に、これまでになかった異物が入るためで、慣れるまではどうしても仕方がないのです。

 

ですが、人間は学習する生き物です。装置が口腔内にある状況での発音を脳が「こういう状態ならこう喋ればいいんだな」と学習しますので、大抵3週間目位には、ほとんどの場合で普通に発音できるようになります。

 

また、マウスピースは

  • 大規模な歯の移動には向かない
  • 他の矯正方法に比べると時間がかかってしまう傾向がある

ということなので、むしろ裏側矯正をお勧めすることもあります。

 custom_combination2

 

【発音に慣れるまでのスケジュールがとても重要!】

 

人前でお話することをお仕事にされている方が、慣れない矯正装置を着けたがためにうまくしゃべれなかった、歌えなかった…ではとても困りますよね。

 

ですので、日本橋はやし矯正歯科では、お客様のお仕事のご予定を細かくお伺いし、それに差し支えないように通院を含めてスケジュールを組んでいきます。

 

幸い、これまで「お仕事に支障があった」という方はいらっしゃいませんので、スタッフ一同ホッとしながらも、毎回気を引き締めています。

 

矯正治療に関する生活やお仕事の問題などもお聞きし、ご対応するのも矯正歯科の大切なお仕事です。何か気になることがありましたら、ご遠慮なくご相談くださいね。


 

**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

method_img01b

マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療の患者様にお渡しするセットです

皆さん、こんにちは。日本橋はやし矯正歯科スタッフです。急に寒くなってきましたね。いかがお過ごしでしょうか?

 

風邪などひかれないように気をつけてお過ごしくださいね!

当院では、今の時期はより一層衛生面に気をつけており、清掃に余念がありません。

 

さて、今回はマウスピース型歯科矯正装置による矯正治療の際にお渡ししているセットのご説明をさせていただきます。

method_img07

 

 

 

【マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療のご希望が増えています】

 

日本橋はやし矯正歯科では、3Dデジタル・マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療を行っています。

 

一般的なマウスピース型歯科矯正装置による矯正治療とは違い、歯や歯根や顎の骨などをモデル化し、最適なマウスピースを作成していきます。

 

 

多くの患者様に来て頂くのに伴い「マウスピース型歯科矯正装置」で治療される方が増えているのも、この「3Dデジタル矯正システム」を信頼して頂けているのだろうと思っています。

 

▼詳しくはこちらをご覧ください!
デジタル矯正システムを用いた治療内容

 

そこで、今回は「マウスピース型歯科矯正装置」で治療される患者様にお渡ししているセットをご紹介致します。

 

 

 

【マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療専用セット!】

 

これらは、マウスピース型歯科矯正装置を正しく使って頂き、また清潔さを保って頂くために、マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療の患者様皆様にお渡ししております。

 

▼アライナーチューイ

アライナーチューイ

マウスピース型歯科矯正装置を歯にしっかり被せるために使うものです。これを噛んでいると、歯がマウスピース型歯科矯正装置に馴染んできます。

マウスピース型歯科矯正装置による矯正治療には欠かせないものです。

 

 

▼マウスピース専用ブラシ

専用ブラシ

マウスピース型歯科矯正装置を清掃の専用のブラシです。大きなブラシで全体を、小さなブラシで内側の細かいところをきれいに洗うことができます。

グリップの部分がとても握りやすいので使いやすいブラシです!

 

 

▼マウスピース型歯科矯正装置専用洗浄剤

洗浄剤、説明書

テレビCMでおなじみの、入れ歯の洗浄剤にちょっと似ていますね!あれと同様の洗浄効果をもたらす、マウスピース型歯科矯正装置の洗浄剤です。

 

マウスピース型歯科矯正装置は常に清潔である必要があるため、専用のものを利用することをお願いしています。

 

 

▼マウスピース型歯科矯正装置専用ケース
ケース

マウスピース型歯科矯正装置を外している時に保管するためのものです。密閉タイプなので、お出かけでもとても持ち歩きしやすいんですよ。

また、専用のケースを利用することで、万が一の紛失などを防ぐことができます。

 

▼もちろん、患者様への歯ブラシセットは別に差し上げていますよ!
みなさまに差し上げているはみがきセットをご紹介します。

 

※アライナー完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

 


 

患者様が治療中にできるだけご自身でケアできるように、そして矯正治療の質がより高く、治療期間も短く済むように、当院では様々な工夫を凝らしております。

 

 

より良い医院を目指して院長からスタッフまで頑張っておりますので、ご不明な点や疑問、必要なもの等がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ!


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

矯正治療中に避けたい食べ物、果物や野菜類

矯正治療中に気をつける5つのこと。

こんにちは。日本橋はやし矯正歯科スタッフです。

 

矯正治療中は矯正装置をお口の中に入れたり、装置によっては取り外したりする必要があるものがあったりと、日々のお手入れがとても大切になってきます。

 

ここでは矯正治療中に気をつけて頂くことを簡単にまとめましたので、ぜひ皆さん読んでくださいね!

 

 

【歯磨きをマメにする】

 

本来は「食べた後は磨く」ことが一番望ましいので、日本橋はやし矯正歯科では患者さまに「食後は必ず歯を磨いて下さいね」とお願いし、皆様に歯磨きセットを差し上げています。

 

カフェでケーキを食べたりなどの間食の後も、お化粧室でささっと磨いてくださいね!この習慣が、歯の健康を維持するのに本当に大切なのです!

■どうしても磨けない日は…

しかし、歯磨きは毎日のこと。もちろん忙しくて磨けないこともあるかと思います。

そんな日は、寝る前にしっかりと磨くようにしてください。寝る前の歯磨きは、矯正治療中の虫歯予防に非常に大切です。

 

▼歯磨きセットの説明はこちら

みなさまに差し上げているはみがきセットをご紹介します。

 

 

【歯磨きの方法を工夫する】

 

矯正装置が付いた状態はどうしても食べかすがたまりやすくなっています。ですので普段通りの磨き方では完全にカスを落としきれないことがあります。

 

慣れるまでは、ミラーを使って歯が綺麗になっているかをチェックするなど、歯磨きの工夫を行いましょう。治療中にお申し出頂ければ、随時歯磨きのご指導をしています。

 矯正中の歯磨き、デンタルミラーを使うみなさまに差し上げている歯磨きセットに、ミラーもついています。

 

 

 

【痛みとお付き合いする】

 

矯正治療中は痛みがつきものですが、一時的なものなのである程度の我慢が必要です。どうしても痛い場合は痛み止めの服用をしてください。

 

痛んでいる間は「大丈夫なのかな…」と不安になることもあるかと思いますが、ずっと続くわけではないので大丈夫です。

 

ご不安な方はご連絡くださいね。日本橋はやし矯正歯科に通院されている患者様であれば状態が把握できていますので、アドバイスさせていただきます。

 

▼痛みについてはこちらをご覧ください
矯正治療の痛み、どんな時に出るの?

 

 

【食べ物を工夫する】

 

硬い食べ物を噛むのは意外と歯や歯茎に負担がかかります。矯正装置が外れてしまうこともあるので「一瞬だけかじるから」と考えず、矯正装置が外れた後のお楽しみにとっておいてください。

 

生野菜は硬いけど、ポトフや煮物のように柔らかくすると食べやすいですよ!

 

また、ごぼうや葉物野菜などの繊維質のものは、歯に挟まったりすると後が面倒なので、こういうものを食べる時は十分に気をつけてくださいね。

 

また、ケチャップやカレーといった、濃い色の食べ物に含まれる「ステイン」が、矯正装置のゴムを黄色っぽく着色してしまうことがあります。

当院では着色しにくいものを使っていますが、念のために控えて頂き、もし食べた場合は速やかに歯磨きをしてください!

 

▼ステインについてはこちら!
歯磨きでステインは落ちない!歯のクリーニングについて

 

▼当院で使っているゴムについて
矯正用のゴムは着色しにくいものを使用しています!

 

矯正治療中に避けたい食べ物、果物や野菜類

硬いものは極力火を通して。どうしても生で食べる場合はできるだけ小さくカットしましょう。

 

【矯正治療中は喋りづらい、発音しづらい?】

 

司会業をされる方、プレゼンテーションが多い営業の方などは、人前に立つことが多いですよね。だから、裏側矯正やマウスピース矯正などを検討される方が多いと思います。

 

でも「矯正治療中に喋りづらくなったら困る!」という不安を度々お聞きすることがあります。
結論から申し上げますと、裏側矯正もマウスピース矯正も最初のうちはどうしても違和感があるので喋りづらくなってしまいます。しかし、徐々に慣れてくると普通に喋ることができるようになりますので、ご安心ください。

 

また、そのような方は「喋りづらい期間」はお仕事と調整する必要もありますので、それを含めて矯正治療のスケジュールを組んでいきます。

 

※このお話はまた改めて詳しくご説明しますね。


 

いくつかの気をつけることについて、ちょっと駆け足でご説明致しましたが、ご納得頂けましたでしょうか。
「矯正治療についてこんなことが知りたい!」などありましたら、ご遠慮なくご連絡くださいね。
スタッフ一同、お待ちしています!

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

出っ歯の矯正治療について

必見!出っ歯(上顎前突)の矯正とデジタル矯正システム

こんにちは。日本橋矯正歯科スタッフです。

 

「出っ歯」(上顎前突)でお悩みの方って本当に多く、たくさんのご相談があります。

 

今回はこの「出っ歯」の原因や治療法、そしてデジタル矯正システムでできることを解説していきますので、出っ歯でお悩みの方はぜひぜひ読んでください!

 

出っ歯の矯正治療について

横から見るとよくわかります。出っ歯の方のお悩みはとても深いことが多いのです。

 

 

【出っ歯(上顎前突)の原因って何?】

 

出っ歯になる構造上の原因は、最も多いのがこの「上顎前突」つまり、前歯が生えている上顎が大きすぎる(前方に出ている)状態です。

 

そしてもう一つ、下顎が小さいために、相対的に上顎が大きく見えてしまう現象が起きている場合があります。

 

ほとんどの場合が生まれつき、または遺伝性のものですが、後天的なものもあります。

 

後天的なものの代表が、例えば小さい頃に親指をしゃぶる癖がある場合。しゃぶっている親指に前歯が押し出される形で、徐々に出てきてしまうケースです。

 

このように出っ歯の原因は、先天的な場合と後天的な場合に分かれるのですね。

 

 

 

【出っ歯のご相談が多い理由】

 

出っ歯の方のご相談が多いのは絶対数が多いこと以外にも、その形状ゆえの見た目の悩みが大きいことが挙げられます。

前歯の問題であるだけに、にっこり笑うと大きく目立つことや、横顔で口元が出っ張ってしまうことなどです。

 

また口元が開いたままになりやすく、口を閉じづらいので写真写りが悪いという方もいらっしゃいます。

 

そうなると表情に自信がなくなってしまうこともあり、生活の質に影響を与えてしまうこともあるのです。

 

 

 

【日本人には出っ歯が多い?】

 

古い海外の風刺画などを見ると、多くの場合で、日本人はメガネに出っ歯というのが特徴的に描かれていました。

 

そして、さらにさらに!

 

林先生曰く「昔より今の方が出っ歯が増えている気がする…」とのこと。統計を取ったわけでなく感覚的なものですが、それくらい多いのだ、ということです。

 

 

 

【上顎前突の治療】

 

上顎前突の治療は、アゴの骨の前後的なズレの大きさや前歯の前方への傾きの度合いにもよりますが、小臼歯と言われる歯を抜歯して、その隙間を利用して前歯を後ろに下げる治療を行うことが多いです。

 

それでは、デジタル矯正システムによるシミュレーションを見てみましょう。

 

▼これが治療前の出っ歯(上顎前突)の状態です。出っ歯の矯正治療について

この患者様の場合は、かなり大きく突き出ていることがわかります。

 

▼そこで上で説明したように小臼歯を抜歯し、歯が収まるためのスペースを作ります。

出っ歯の矯正治療について

 

▼そして、矯正治療を行った結果のシミュレーション。

出っ歯の矯正治療について

綺麗に揃ってますね!

 

このように前歯を後ろに下げることで、口元も後ろに下がり、すっきりとた横顔を手に入れることができます。

 

 

 

 

【デジタル矯正システムだからこそのメリットがあります】

 

上記のような、抜歯を伴うような大きな歯の移動を必要とする矯正治療には、様々なリスクを伴いますが、3Dシミュレーションにより、将来起こりうるリスクをあらかじめ想定することが可能なのがデジタル矯正システムの大きなメリットのひとつです。

 

▼こちらではデジタル矯正を用いることで、歯根吸収のリスクを回避するデザインが可能になっています。

デジタル矯正システムで、より安全な矯正治療を!!

▼見た目の予測も大変重要です。このように横顔のシミュレーションを行うと、前もって口元がどの程度下がるのか、ある程度確認することができます。

側貌(横顔)の術後シミュレーション


 

「どうしても前歯が気になって…」と口ごもりながら通院されていた患者様が、どんどん笑顔になっていくのは私たちスタッフもとっても嬉しいことなんですよ!

 

今回は出っ歯についての説明をしましたが、「こんなことが知りたい!」などというご意見がありましたら、ぜひぜひお寄せくださいね。お待ちしております!

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

矯正装置の周りの磨き方2

矯正治療の痛み、どんな時に出るの?

こんにちは。日本橋はやし矯正歯科スタッフです。

 

矯正治療のご相談を受ける中で「矯正治療って痛いって聞いてるんだけど…」という質問を頂くことが少なくありません。

 

半年から場合によっては1年以上の治療でずっと痛い?そんなことはないです!矯正治療に伴う痛みは一時的なものです。

 

今回は矯正治療中の痛みについてご説明しましたので、よく読んで頂ければと思います。

 日本橋はやし矯正歯科で矯正中、前から撮った写真

 

 

 

【歯が動くとどうしても痛みがあります】

 

■歯が動く時に痛む

矯正治療中に痛みが発生するのは、主に「歯が動く時」です。
動かしている歯が全体的に、少し押し出されるような、もしくは締め付けられるような鈍い痛みが発生します。

 

■歯どうしがぶつかって痛む

矯正治療の期間中は、歯がとてもダイナミックに動きます。
そのため、これまで当たっていなかった歯どうしが一時的にぶつかってしまうことがあり、その部位では強い痛みが発生することもあります。

ただしこれは、治療が経過すれば歯が適切な場所に移動しますので、その後は痛みは無くなります。

■装置が当たって痛む

噛み合わせが深い場合などは装置が前歯と当たってしまうことが多く、その部位にも痛みが出ることがあります。

 

 

 

【装置などによる痛みもあります】

 

矯正装置のワイヤーが飛び出してしまい、口の中の粘膜に当たったりして痛みが出ることがあります。この場合はワイヤーを適切に切断、または曲げることで痛みを回避します。

 

また裏側矯正の場合は、舌に装置が当たり、痛みが出ることがあります。
この場合は、矯正装置をギシグーなどで覆うことで痛みを緩和します。

 

▼ギシグーについてはこちらをご覧ください
ギシグーは裏側矯正の強い味方!

 

 

 

【その他、日頃気をつけたいこと】

■硬い食べ物は気を付けましょう

矯正を始めたばかりの頃は硬い食べ物はできるだけ避けましょう!
歯自体の痛みはもちろん、矯正装置に食べ物が挟まってしまうとこれも痛みの原因となります。

 

▼食べ物についてはこちらをご覧ください
矯正中に気をつける食べ物について。硬いのNG!!

 

■歯磨きは絶対に行いましょう

また「痛むのが嫌だ」からと歯磨きが遠慮がちになってしまう方もいらっしゃいますが、虫歯の大きな原因となりますので歯磨きは絶対に行いましょう!

 

▼こちらで歯磨きの説明をしています!
矯正体験レポート第二回:矯正中の歯磨き3つのポイント!

 矯正装置の周りの磨き方2

■痛み止めに注意しましょう

原則として痛みは慣れて頂く必要がありますが、場合によっては痛み止めを服用していただくことももちろんあります。

ただし、痛み止めの種類によっては「歯の移動を遅らせてしまう」ものもありますので、服用前に必ず先生に相談してくださいね。

 

 

 

【デジタル矯正システムは比較的痛みが少ないです】

 

痛みは治療の段階でワイヤー交換をした後に発生することが多いのですが、デジタル矯正システムはワイヤー交換の回数が少ないので、その分痛みが発生するタイミングが減ります。

 

また、ニッケルチタン合金を用いたワイヤーが多いので、歯にかかる力が小さいのも特徴。強引に歯を移動することが少なければ、その分痛みも少なくなります。

 

ですので、デジタル矯正システムは比較的痛みが少ない治療法であるとも言えます。


 

今回はよく頂く「痛みについての質問」へのご回答をまとめてみましたが、いかがでしたか?

実際の患者様の疑問を解決したいと思っておりますので、分からない、知りたいことなどありましたらぜひご連絡ください!

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

矯正治療後の笑顔の美しい写真

矯正治療の誤解や質問をまとめてみました!

こんにちは。日本橋はやし矯正歯科スタッフです。

今回は矯正治療についてのよくある誤解、ご質問を一部まとめてみました!

 

これから矯正治療を始めようと思っている方はもちろん、矯正治療中の患者さまでも、意外とご自身の治療内容を詳しく知らない方がいらっしゃいまして、ご質問されることが多いのです。

 

たくさんの方に読んで頂き、納得して頂けることがあったら嬉しいです!

 

 矯正治療の誤解や疑問について

 

【表側矯正が一番効果がある!?】

 

「目立たせたくないから裏側にしたいけど、表側の方が効果が出るから…」というご質問。確かに表側が効果的が出やすい場合は多いものの、裏側が効果的な場合もありますので一概には言えません。

 

患者さまそれぞれの不正咬合の状態はすべて異なりますので、向き不向きがあります。

 

また効果の出やすさはもちろん、普段の生活をどのように過ごすかなど、矯正方法を決めるには、様々なことを総合的に鑑みて判断していく必要があります。

 

 

【裏側矯正は表側矯正より治療期間がかかる!?】

 

従来の矯正治療法では確かにそういう傾向が強いですが、日本橋はやし矯正歯科が採用している「デジタル矯正システム」では表側も裏側も、どちらも期間はほとんど変わりません。

 

「目立たせたくないし期間をかけたくない」というなら、デジタル矯正システムでの裏側矯正はぴったりだと言えます。

 

 

【若くないと矯正治療は難しい!?】

 

もちろん、お子さまの方が歯が動きやすいというメリットはありますが、成人しても大丈夫!

院長の林先生は、70代の方の矯正治療をした実績もあります。

 

「経済的に余裕が出てきたから」という理由で来院される大人の方はとても多いですよ。ご安心ください。

 

 

【矯正治療ってやっぱり専門医がいいの!?】

 

矯正治療の専門医の方がほとんどの場合「矯正の質」は高いので、そういう意味ではやはり専門医での治療が安心できます。

 

ただし仮に患者さまに重度の虫歯がありその治療を優先すべき場合は、まずは一般歯科での治療をお勧めすることもあります。

その場合は必要な虫歯等の治療が終わってから改めてご来院頂くようにお願いしています。

 

 

【デジタル矯正システムって治療期間が短くなるの?】

 

これは当院に限って頂く質問なのかと思います。実際にほとんどのケースで短縮されていますので、治療を長引かせたくない方には本当にオススメです。

 

▼詳しくは院長コラムでどうぞ!
デジタル矯正システムによる治療期間の短縮について

 

また、ひとつの矯正方法にこだわらず、複数の方法を組み合わせる「カスタム・コンビネーション矯正治療」で、より良い効果を上げることができますよ!

content_img01

▼詳しくはこちらをご覧ください!
カスタム・コンビネーション矯正治療とは


 

これらは本当によく頂く質問なので、不明点など解消できた方がいらっしゃったら嬉しいです。

他にも矯正治療やデジタル矯正システムについての質問などありましたら、お問い合わせや電話などでご連絡下さいね。お待ちしています!

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

新しいバイトアップの素材の写真2

バイトアップの素材が新しくなりました!

皆さんこんにちは。日本橋はやし矯正歯科スタッフです。
8月も終わり、早いもので今年も残すところあと3分の1となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
だんだん肌寒くなって参りますので、体調には十分お気をつけくださいね。

 

さて、今回は、新アイテムについてご紹介しますね(^^)♪

 

 

【バイトアップの素材が新しくなりました!】

 

当院では、噛みあわせが深い患者様に、治療の一環としてバイトアップ(バイトターボ、バイトピローなどとも言われます)を施しています。

バイトアップについてはここのブログでご説明しましたので、以下に引用しますね。

バイトアップとは、主に噛み合わせが深い方がするものです。噛み合わせが深いと奥歯の高さが足りない場合があり

  • 矯正に支障をきたす
  • 矯正装置が外れやすい原因になる

といったことがあるので、奥歯にレジン(プラスチック)を盛って高さを維持する処置を行うことがあります。この処置をバイトアップと言います。

矯正体験レポート第四回:2ヶ月経過しました!より

 

▼バイトアップについてもっと詳しく
矯正体験レポート第四回:2ヶ月経過しました!

 

 

 

【新旧の素材を比べてみました!】

 

▼こちらが従来のバイトアップの材料。少し硬いものでした。

以前のバイトアップの素材の写真1

そして材料の性質上、普段の噛み合わせを完全に再現することができなかったため、どうしても多少の噛みにくさがあったと思われます。。。

 

▼こうしてみると、表面の凸凹が再現できていないことが分かります。

以前のバイトアップの素材の写真2

技術的な問題ではなく物理的に不可能だったのです。

 

 

▼そして!今回導入したバイトアップの材料です。

新しいバイトアップの素材の写真1

 

▼歯の凹凸が再現されてます!

新しいバイトアップの素材の写真2

従来のものより柔らかい素材である上に、上の歯と下の歯の噛み合わせを再現した状態で歯に付着させることができるため、以前より噛みやすくなったと思います。

 

 

 【やはり多少の噛みあるけれど、しばし我慢!】

 

とはいえ、矯正治療で歯を動かしている上に、バイトアップを付けるともなると、どうしても通常より噛みづらさはあると思います(><)

 

しかし、このバイトアップは治療期間中ずっと付いているわけではありません。

 

しばらくするとかなり慣れてきて、自分で食べて良いものや避けた方が良いものなどが判断できるようになってきて、多少硬いものでも上手に噛めるようにもなります。

 

実際にスタッフFが矯正していた時に、バイトアップを経験した際も、最初は噛みにくさがあったようですが、噛むコツを掴んでからは普通に食事ができていました。

 

ですので、あまり心配しないでくださいね(^^)♪

 

▼特に矯正開始時に気をつける食べ物を説明していますのでぜひご覧下さい。
矯正中に気をつける食べ物について。硬いのNG!!

 


 

矯正治療開始するに当たって不安なことや、心配なことがあると思いますが、診察やカウンセリングの際に先生とじっくりお話してくださいね!

 

治療中もなにかございましたら、ご遠慮なく、お気軽にお声かけください。

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

日本橋はやし矯正歯科受付

開院1周年のご挨拶です!

皆様こんにちは。日本橋はやし矯正歯科、スタッフです。

 

暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。体調など崩されないよう、また熱中症に気をつけて十分にご自愛ください。

 

さて、当院は昨年8月2日に開業し、早いもので一周年を迎えました。

日本橋はやし矯正歯科外観風景1

外観風景。一年が経過し、すっかり日本橋の街並みに溶け込んでいます。

 

 

日本橋はやし矯正歯科外観風景2

夜でも一目でわかるように明るく。ブルーのロゴが映えます。

 

 

 

 

開業した当初は、一からのスタートでしたので、システムなどもマニュアル化されておらず、患者様に何かとご迷惑やご不便をおかけすることがあったかと思います。

 

そういったことも一つひとつ改善していきながら、皆様のご協力のおかげで無事、こんにちを迎えることができました。

 

皆様、本当にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。

 

治療につきましては、半年や一年余りで無事治療を終え、保定期間に入る患者様も続々と増えてきました。

こちらのブログで「矯正体験レポート」を連載しておりましたスタッフのFも、そんな中の一人です。

 

▼矯正体験レポート、記念すべき第一回はこちら!
必読!矯正体験レポートをお送りします!

 

綺麗な歯並びを目指して現在治療中の患者様にも、よりよい治療を提供できますよう、私たちもより一層お力添えできるよう頑張りたいと思います。

 

また、近頃はおかげさまで、多くの患者様にご来院頂いておりますことで、以前に比べ予約が取りづらくなってしまいましたが、スタッフや機材などを増やし、より充実した環境を整えるよう励んでおります。

 

何かご希望、ご要望などございましたら、お気軽にお声掛けくださいませ。

 

新スタッフについてはまた後日ブログでご紹介致しますね(^^)♪

日本橋はやし矯正歯科受付

いつも、明るい笑顔で患者様をお迎えしています!

二年目もスタッフ一丸となり、より多くの患者様を笑顔にできるように、そして矯正歯科としての更なる飛躍を目指し、精進して参ります。

 

今後ともどうぞ、よろしくお願い致しますm(. .)m☆★

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

ギシグーマーク

ギシグーは裏側矯正の強い味方!

こんにちは、日本橋はやし矯正歯科スタッフです。梅雨のじめじめした日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

日本橋はやし矯正歯科では、おかげさまで多くの患者様にご来院していただき、充実した日々を過ごしております。

 

さて、今回は裏側矯正の心強い味方である「ギシグー」についてお話したいと思います。

 

 

 

【裏側矯正の違和感を和らげるギシグー!】

 

日本橋はやし矯正歯科では、上下裏側矯正で治療される方に「ギシグー(Gishy Goo)」をお渡ししております。

 

ギシグーは裏側矯正をした方に必要となるもので、矯正装置を付けたことにより発生する、舌や軟組織への刺激をカバーするための保護剤で、歯科医療従事者が処方できるものです。

 

裏側に装置を付けたばかりの頃は、どうしても舌に違和感がでてきたり、痛みを感じたりする方がほとんどです。

 

例えばワイヤーの先端などが下に当たったりすると、チクチクするし気になってしまって仕方がない、という状態が続いてしまったりするのですね。

 

装置をつけたばかりの患者様で「全然気にならない」という方は本当に稀で、ほとんどの患者様は何かしらの痛みや不快な感じが多少なりともあります。ですので、最初のうちは、皆様にこのギシグーを使って頂いています。

 

ギシグーは歯科治療用の印象材と同じ素材なので、痛みや刺激がかなり軽減されるのです!

 

最初のうちは、皆様このギシグーを使っては頂きますが、矯正に慣れてくると歯も動いてくるため、ギシグーを使わなくても徐々に問題なく過ごせるようになっていきます。

 ギシグー

ふたつのチューブを練り合わせることで固まる性質です。

 

 

【ギシグーをつけるときの注意!】

 

とっても便利な強い味方。でも使うにはちょっとだけコツが入りますよ。

  • ワイヤーの動きを妨げない!
    ギシグーをつける時は、ワイヤーを覆うように貼ってしまうとワイヤーの動きを妨げますので奥のワイヤーが飛び出ているところや、ブラケットの上などにピンポイントで貼り付けるようにしてください。
  • 外す時はそっと優しく!
    つける時は硬化後は結構硬くなりますので、ギシグーを外す時は、一緒に装置が外れてしまわないよう丁寧に剥がすようにしてください。
  • 固まりやすいので気をつけて!
    ギシグーはペーストを練り合わせると硬化が始まり、約2分で固まってしまいます。練り合わせたらすぐに利用しましょう!

 ギシグーマーク

矯正治療中は違和感や痛みなど、大変なことも多いですが、綺麗な歯並びを目指し一緒に頑張りましょう!!

ご意見ご要望等ございましたら、ぜひお申し付けくださいませ。治療やサービスの質の向上の参考にさせて頂きます!

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**

新しいアロマディフューザーと小物

香りのこだわり!アロマディフューザー。

こんにちは、日本橋はやし矯正歯科スタッフです。
6月も半分が過ぎました。梅雨の前半は空梅雨だなと思っていたら急に大雨になったりと不安定な気候です。

 

西日本、特に九州では豪雨が続いており、被害に遭われた方はスタッフ一同とても心配しております。心よりお見舞い申し上げます。
梅雨はもう少し続きますので、皆様どうぞ、体調には十分気をつけてください。

 

さて、本ブログでは、新しく導入した設備はもちろんのこと、滞在して頂く空間づくりの工夫などもお知らせしております。

 

 

今回はアロマ、インテリア関連で新しく取り入れたものを紹介させて頂きます!(^^)

 

 

【お手洗いのアロマディフューザー】

 

最近お手洗いのアロマディフューザーが新しくなりました!インテリアなどに敏感な患者様でお気づきの方もすでにいらっしゃると思います。

 日本橋はやし矯正歯科で使っているアロマディフューザー

当院では、ドイツのフレグランスブランド「LINARI」のアロマディフューザーを使用しています。

 

「LINARI」のディフューザーは、化粧品用途の分野で使用されている高品質なオードパルファムを使うのですよ。

 

主張しすぎない優しい香りなので、お手洗いなどの小さいお部屋でも嫌味のない香りで、ラグジュアリーな世界を演出することができます。

 

香りの広がり方も、一瞬でスペース全体にふわっと拡散されるのも「LINARI」の特徴です!

 

前回はシトラス系にフルーツやフラワー系などをミックスした品の良い香りでしたが、今回は繊細で優美な桜の花と、ホワイトフローラルがひとつになった、ちょっと甘くやさしい香りをセレクト。

 

バニラのハンドソープとの相性もぴったりです♪

 

 

【心地よいお手洗いの心がけ】

 

患者さまに、よりいっそう心地よい空間を提供できるようにこだわるお手洗いは、常に清潔な状態を保てるように小まめな掃除を心がけています。

 

▼詳しくはこちらをご覧ください!

当院のお手洗い(トイレ)はこだわりの清潔な空間です

 

お手洗いの香りを変えたところお手洗いの印象が変わった気がしたので、香りに合わせてインテリアも変更!

 

とても可愛らしい、赤いバラにしました♪

お手洗いの小物は新しく、かわいいバラにしました

真っ白の空間を華やかにしてくれました(^^)♪

 

患者様にご来院を楽しんで頂けるように、季節に合わせて色々工夫を凝らしていますので、新しく取り入れたものはその都度、更新していきたいと思います。

 

何かお気づきのことがありましたら、ぜひご意見頂ければとても嬉しいです。

新しいアロマディフューザーと小物

 

【新しい先生が仲間になりました!】

 

お話は変わりますが…。この度、土曜日の診療にK先生が加わりました(^^)♪

 

土曜日は大変混みやすく、予約もなかなか取れず、患者様にはご不便をおかけしておりましたが、このたびK先生が加わったことで、土曜日は歯科医師が2名体制で診療を行うことが可能となりました。

そのため以前に比べ、土曜日のご予約もだいぶ取りやすくなりました(^^)!!

 

平日の混み合う時間帯のご予約についても徐々にではありますが改善して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**