Tag Archives: ハンドスキャナー

デジタル矯正システムのハンドスキャナーを使用する

歯形取りの代わりに大活躍、ハンドスキャナーのメリット!

こんにちは、日本橋はやし矯正歯科スタッフです。今回は、日本橋はやし矯正歯科で運用しているデジタル矯正システムで欠かせない、スキャナーについて説明しますね。

デジタル矯正システムのハンドスキャナーと3Dモデル

一般的にはあまり馴染みのないこの設備。実は驚きのすぐれものです!

 

このハンドスキャナーのメリットは、簡単にまとめると

  • アナログだった歯形取りを、スキャナーによりデジタル化ができる
  • 印象材が苦手な患者様の負担を減らすことができる
  • 前準備不要で手早くスムーズに完了する

などなどです。それでは以下に説明していきますね!

 

 

【矯正歯科でスキャナーを使うメリットって?】

 

「矯正歯科でスキャナーを使うの?」って思われる方もいらっしゃると思いますのでとても分かりやすく一言で説明するとこういうことです。

 

■アナログで行っていた歯形取りをスキャナーを使ってデジタル化

矯正歯科以外でも歯医者さんならほぼ例外なく行っている、ほぼすべての方におなじみの「歯形取り」は日本橋はやし矯正歯科ではデジタル化しています。つまり、スキャナーを用いて「光学印象※」で三次元モデルを作成することが可能なのです。

※レーザーなどの光で口腔内を計測したものをデジタルデータ化することを指します。

 

 

【デジタル矯正システムは歯形取りをしません】

 

デジタル矯正システムが優れているところのひとつとして、印象材での歯形取りを最小限にする!ということが挙げられます。

 

印象材って、あのピンクとかのベタっとしたものです。これの「歯形取り」、苦手な方多いんですよね…。

 

矯正歯科は患者様の治療のために口腔内のモデルを作ることが必須ですが、ほとんどの矯正歯科はデジタル矯正システムを導入していないのでお口の中に型を入れての歯形取りとなります。これが苦手で「苦しかったり嘔吐反射が出てしまったり…」などという方も少なくないようです。

 

そして何より、口腔内のデジタルデータを取得して作成されるモデルは「歯形取り」よりもはるかに高精度なのが最大のメリットです。

 

 

【新しいスキャナー(トロフィー3DIシステム)を使用しています】

 

日本橋はやし矯正歯科では新しいスキャナーを導入していますが、これが患者様に様々なメリットがあるのです。

 

■コンパクトなモバイルスキャナー

どこへでも持ち運びができるので、院内での患者様の移動などの負担を軽減できます。
またお口の中に入るスキャナーのチップ(先端部分)に小さいサイズもあり、女性の方でも楽にスキャンを受けて頂くことができます。

 

■前準備いらずで治療もスムーズに

これまでのスキャナーは「白い粉末(二酸化チタンの粉)を歯の表面に塗布する」することが一般的でしたが、トロフィー3DIシステムではその行程がありませんので、より患者様に手早く、負担を少なく治療を行うことができます。

 

 

【私たちも日々訓練しています】

 

もちろんスキャニングは道具があればできるというものでははく、スタッフの技術があって初めて成り立ちます

ですので、私たちは日々努力して患者様に負担の少ないスキャニングを行えるよう心がけています。

 

トレーニングはいくつか段階があり、最初に模型をスキャンするところから始まって、最終的に実際の患者様のお口をスキャンさせて頂いています。今では20分程度で、上下の顎をスキャンすることが可能になりました

デジタル矯正システムのハンドスキャナーを使用する

小振りなのでグリップが良くとても扱いやすいです。
手早くスキャンするとデジタルデータが作成されます。

 

まだまだ導入施設が少ないこの設備、実際に体験してみると本当に優れていることが分かります。

 

新しい技術は患者様により良い治療環境をご提供しますので、デジタル矯正システムをぜひご検討頂ければ嬉しいです。

 

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**