Top > ブログ > 強い味方、口腔外バキュームを導入しました!

強い味方、口腔外バキュームを導入しました!

2016/05/07 11:59:13
口腔外バキューム治療中に使用2

みなさんこんにちは(^^)日本橋はやし矯正歯科スタッフです♪

 

前回のブログで、新しく導入した様々なものについて簡単にご説明させていただきましたが、今回はその中でも「口腔外バキューム」について詳しくご紹介致します。

前回のブログ:新しいもの!新アイテムのご紹介です。

 

 

【まだそれほど普及していない口腔外バキューム】

 

▼ジャーン!初めて見る方も少なくないと思います。

口腔外バキューム

歯を削るときやクリーニングを行う時には、多くの水を使うのはもちろん、唾液もたくさん出ますね。それらの水分や歯を削った粉塵などは、目に見えない飛沫となってたくさん飛び散り、空間を漂うことになります。

 

ですので治療中には、唾液や水を吸い取るバキュームという掃除機の役割をする機械でもちろん吸い取りをしています。お口の中を「ゴー」という音を立てて吸うチューブ状のもの、皆様ご経験かと思いますが、あれがそうです。

 

ところが、ほとんどの歯科医院で使われているこの通常のバキュームは、お口の中を対象としているので、このように空間に飛散してしまった水や粉塵はあまり吸い取れません。

 

ですので舞ってしまった水や粉塵が、私達術者のみならず患者様のお顔にかかったり、吸ってしまったりすることにもなります。

 

 

そういったことを防ぐために、この度口腔外バキューム(フリーアーム・アルテオ)を導入致しました。

 

強力な吸引力で、細かい粉塵や水を吸い取り、今まで以上に安心でクリーンな院内の環境づくりを目指しています。

 

 

 

【お顔の周りを綺麗に吸い取ります!】

 

▼実際の施術風景です。

口腔外バキューム治療中に使用

右下、パイプ状のものが通常のバキューム。これでお口の中を吸い取るとともに、外に飛び散ってしまうものは左側の口腔外バキュームで吸い取ります。

 

この口腔外バキューム、普及率はまだそんなに多くはありませんが、歯や詰め物など調整の多い一般歯科では徐々に導入されてきています。

 一方で、矯正歯科医院は一般の歯科医院に比べて歯を削ったりなどの作業が少ないので、ほとんど導入されていません。

 

でも、より良い衛生状態を維持し、良質な治療を行うには必要だと考え、日本橋はやし矯正歯科ではこの度導入し、主にクリーニングの際に利用しています。

 周囲の目に見えないほこりなども吸引しますので院内の空気はより清潔な環境を維持し、飛沫感染のなどのリスクを下げてくれる、本当に優れものなのです!

 

口腔外バキューム治療中に使用2

 

これからも日本橋はやし矯正歯科では、患者様目線で安心して通える歯科医院を目指し、よりよいものがあれば導入していきたいと思っております。

 

なにかご要望等がございましたら、なんなりとご相談くださいませ(^^)

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**