日本橋はやし矯正歯科 TOP > 治療内容 > ハーフリンガル矯正

裏側矯正ページのトップ画像

 

ハーフリンガル矯正は費用が比較的安価でとても効率的でメリットも多い治療方法です。

ハーフリンガル矯正は
上顎が裏側矯正
下顎が表側矯正
で行う矯正治療です。
装置が目立つ上の歯のみを裏側矯正にすることにより、治療の費用を抑える他、様々なメリットのある矯正方法です。

ハーフリンガル矯正の説明文のイメージ画像

メリットとデメリットをしっかり認識しておきましょう。


ハーフリンガル矯正のメリット

■裏側矯正より費用が安価である

裏側矯正は表側矯正に比べて難易度が高いので、表側矯正よりも費用がかかってしまいます。
目立たない下の歯を表側矯正装置にすることで費用を抑えることができます。
※当院は上下裏側矯正の場合は135万円、ハーフリンガル矯正が115万円と20万円お安くなっています

 

■ハーフリンガル矯正は口の中の違和感が少ない

裏側矯正のデメリットは、治療初期は装置が歯に当たるなどしてどうしても口の中に違和感が出てしまいます。
ハーフリンガル矯正は下が表側矯正ですので、このデメリットがかなり軽減されています。


ハーフリンガルのデメリット

対面でお話をした場合は、やはり下顎の前歯部についている表側の装置は見えます。
お仕事柄やイベントを控えた方などで、本当に見えない矯正を望むのであれば、上下裏側矯正が望ましいです。


治療期間

ハーフリンガル矯正は上下裏側矯正よりも治療期間が短い場合があります。
ただし以下のように、症状により治療期間は異なってきます。
3Dデジタル矯正で裏側矯正で治療期間は大幅に短縮されましたが、下顎前歯に重度の叢生(凸凹)がある場合、裏側矯正では治療期間が少し長くなる場合があります。
ハーフリンガル矯正は下が表側矯正なので、下顎前歯に重度の叢生(凸凹)がある場合、治療期間がやや短縮されます。
3Dデジタル矯正では装置の違いによる治療期間の差はほとんどありません。



この方法に向いている人

比較的目立たない矯正治療をご希望で、費用を抑えたい方に向いています。


費用について

治療前
カウンセリング:無料
精密検査:5万円
治療費
120万円
その他かかる費用
無料(治療途中で治療計画の変更がない限り追加料金は発生しません)
毎回の調整料、保定装置の費用は治療費に含まれております。
※ホワイトニングや抜歯等は別途/詳しくはこちら
お支払いについて
現金/カード/デンタルローンが可能です

※2022年9月現在の料金体系です

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。
② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や療期間に影響します。
④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。
⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

治療例


 

症例1:下顎の空隙歯列弓(すきっ歯)と上顎前突(出っ歯)をハーフリンガル矯正で治療した例

治療前   1年8か月
正面 正面
右から見た写真   右から見た写真
左から見た写真   左から見た写真

術前

 

術後:治療期間:1年8か月

 

主訴:すきっ歯、出っ歯
主な症状:下顎空隙歯列弓、上下顎前歯の唇側傾斜
年齢:37歳
治療に用いた装置:マルチブラケット装置(上顎裏側、下顎表側) 抜歯部位:非抜歯(歯を抜かないで治療)
治療期間と通院回数:1年8ヶ月(通院回数22回)
治療費:125万(税込み)

リスクと副作用:矯正装置による口内炎、虫歯の可能性、歯肉炎、歯周炎
        矯正装置による治療初期の発音障害
        その他一般的なリスクに関しましては別記参照


ハーフリンガル矯正のよくある質問

お支払いはカードやローンでも可能ですか?

はい、可能です。各種カードに対応しています。またデンタルローンも取り扱っています。 現金、カード、ローンを組み合わせても大丈夫です。お手持ちのカードにローンの機能が付いているのであればそれをお使い頂けます。


ハーフリンガル矯正に向いているケース、向いていないケースを教えてください。

特に向いているのは、お仕事柄人に見られたりお話しされたりする方です。アナウンサーや講師をされている方なども多いです。
また症状により不向きというか、上は表側矯正の方が良いという場合などはもちろんあります。無料カウンセリング時にじっくり話をさせて頂いております。


ハーフリンガル矯正の滑舌や喋り方はどんな感じでしょうか?

上下が裏側矯正の場合よりも滑舌はそんなに気にならないと思います。
なお、矯正装置をつけた直後の2週間程度は喋りづらい感じがある方は多いです(徐々に慣れるので問題はなくなります)。


治療の流れ


初回カウンセリング(30分〜1時間/無料)

当院にお越し頂き、院長がカウンセリングをします。
お口の中を拝見しながら症状や治療法などをお話させていただきます。
カウンセリングはご納得いただけるまで何度でも無料で受けていただけます。

矢印

精密検査(約30分〜1時間/部分矯正:30,000円 全体矯正:50,000円)

治療をお申し込みいただいたら精密検査をいたします。3Dデジタル矯正システムによるモデルの作成や検査、様々な撮影を行います。

矢印

診断と治療計画

精密検査の結果から患者さまの診断を行い、治療計画を立てます。治療計画は患者さまが納得されるまで話し合います。

矢印

ハーフリンガル矯正装置の装着

ハーフリンガル矯正装置を装着し、治療を開始します。
初期の凸凹が改善された段階で、カスタムワイヤーによる治療を進めるための歯科用CTによる撮影を行います。
※治療計画により撮影の時期が異なる場合があります。

矢印

ハーフリンガル矯正治療

一般的には1ヶ月に1回の通院が理想的ですが、3Dデジタル矯正は特殊なカスタムワイヤーを用いていますので、通院回数を減らすことも可能です。

矢印

装置の取り外し

治療開始当初にシミュレーションした歯並びが確認できた段階で装置を外し、治療終了となります。

矢印

保定(2-3年)

装置を外した後に歯並びが元に戻らないよう、歯の周りの組織が安定するまでの期間です。保定装置(リテーナー)を装着していただきます。