日本橋はやし矯正歯科 TOP > 治療内容 > ハーフリンガル矯正

裏側矯正ページのトップ画像

 

ハーフリンガル矯正は費用が比較的安価で治療期間も比較的短い、非常にメリットの多い治療方法です。

ハーフリンガル矯正は
上顎が裏側矯正
下顎が表側矯正
で行う矯正治療です。
装置が目立つ上の歯のみを裏側矯正にすることにより、治療の費用を抑える他、様々なメリットのある矯正方法です。

ハーフリンガル矯正の説明文のイメージ画像

メリットとデメリットをしっかり認識しておきましょう。


ハーフリンガル矯正のメリット

■裏側矯正より費用が安価である

裏側矯正は表側矯正に比べて難易度が高いので、表側矯正よりも費用がかかってしまいます。
目立たない下の歯を表側矯正装置にすることで費用を抑えることができます。
※当院は上下裏側矯正の場合は135万円、ハーフリンガル矯正が115万円と20万円お安くなっています

 

■ハーフリンガル矯正は口の中の違和感が少ない

裏側矯正のデメリットは、治療初期は装置が歯に当たるなどしてどうしても口の中に違和感が出てしまいます。
ハーフリンガル矯正は下が表側矯正ですので、このデメリットがかなり軽減されています。


ハーフリンガルのデメリット

対面でお話をした場合は、やはり下顎の前歯部についている表側の装置は見えます。
お仕事柄やイベントを控えた方などで、本当に見えない矯正を望むのであれば、上下裏側矯正が望ましいです。


治療期間

ハーフリンガル矯正は上下裏側矯正よりも治療期間が短い場合があります。
ただし以下のように、症状により治療期間は異なってきます。
3Dデジタル矯正で裏側矯正の治療期間は大幅に短縮されましたが、下顎前歯に重度の叢生(凸凹)がある場合、裏側矯正では治療期間が少し長くなる場合があります。
ハーフリンガル矯正は下が表側矯正なので、下顎前歯に重度の叢生(凸凹)がある場合、治療期間がやや短縮されます。
3Dデジタル矯正では装置の違いによる治療期間の差はほとんどありません。



この方法に向いている人

比較的目立たない矯正治療をご希望で、費用を抑えたい方に向いています。


費用について

治療前
カウンセリング:無料
精密検査:5万円
治療費
120万円
その他かかる費用
無料(治療途中で治療計画の変更がない限り追加料金は発生しません)
毎回の調整料、保定装置の費用は治療費に含まれております。
※ホワイトニングや抜歯等は別途/詳しくはこちら
お支払いについて
現金/カード/デンタルローンが可能です

※2022年9月現在の料金体系です

治療例


 

症例1:下顎の空隙歯列弓(すきっ歯)と上顎前突(出っ歯)をハーフリンガル矯正で治療した例

治療前   1年8か月
正面 正面
右から見た写真   右から見た写真
左から見た写真   左から見た写真

術前

 

術後:治療期間:1年8か月

 

出っ歯とすきっ歯の改善をご希望され来院されました。上下顎の正中線(歯の真ん中)のズレが大きく、完全に合わせるには抜歯が必要なのですが、ご本人の希望で非抜歯で可能かなぎり正中線が合う状態で良いとのことで、非抜歯での治療となりました。

IPRや歯軸の改善などをワイヤーで調整しながら、顎間ゴムも使っていただきました。治療期間は1年8か月でした。すきっ歯、出っ歯ともによく改善され、患者様も大変満足されていました。

 

患者さまプロフィール

37歳男性

 

治療の概要

歯を抜かないハーフリンガル矯正。IPR(Inter Priximal Reduxtion)、顎間ゴム(左側にⅡ級ゴム)を併用

 

治療の期間

1年8か月

 

治療の料金、費用

カウンセリング料:無料
精密検査料:50,000円(税込️/2022年8月現在)

治療費:1,200,000円(税込/2022年8月現在)


ハーフリンガル矯正のよくある質問

お支払いはカードやローンでも可能ですか?

はい、可能です。各種カードに対応しています。またデンタルローンも取り扱っています。 現金、カード、ローンを組み合わせても大丈夫です。お手持ちのカードにローンの機能が付いているのであればそれをお使い頂けます。


ハーフリンガル矯正に向いているケース、向いていないケースを教えてください。

特に向いているのは、お仕事柄人に見られたりお話しされたりする方です。アナウンサーや講師をされている方なども多いです。
また症状により不向きというか、上は表側矯正の方が良いという場合などはもちろんあります。カウンセリング時にじっくり話をさせて頂いております。


ハーフリンガル矯正の滑舌や喋り方はどんな感じでしょうか?

上下が裏側矯正の場合よりも滑舌はそんなに気にならないと思います。
なお、矯正装置をつけた直後の2週間程度は喋りづらい感じがある方は多いです(徐々に慣れるので問題はなくなります)。


治療の流れ


初回カウンセリング(30分〜1時間/無料)

当院にお越し頂き、院長がカウンセリングをします。
お口の中を拝見しながら症状や治療法などをお話させていただきます。
カウンセリングはご納得いただけるまで何度でも無料で受けていただけます。

矢印

精密検査(約30分〜1時間/部分矯正:30,000円 全体矯正:50,000円

治療をお申し込みいただいたら精密検査をいたします。3Dデジタル矯正システムによるモデルの作成や検査、様々な撮影を行います。

矢印

診断と治療計画

精密検査の結果から患者さまの診断を行い、治療計画を立てます。治療計画は患者さまが納得されるまで話し合います。

矢印

ハーフリンガル矯正装置の装着

ハーフリンガル矯正装置を装着し、治療を開始します。
初期の凸凹が改善された段階で、カスタムワイヤーによる治療を進めるための歯科用CTによる撮影を行います。
※治療計画により撮影の時期が異なる場合があります。

矢印

ハーフリンガル矯正治療

一般的には1ヶ月に1回の通院が理想的ですが、3Dデジタル矯正は特殊なカスタムワイヤーを用いていますので、通院回数を減らすことも可能です。
普段の生活の負担を大幅に減らしてQOLを向上させることができています。

矢印

装置の取り外し

治療開始当初にシミュレーションした歯並びが確認できた段階で装置を外し、治療終了となります。

矢印

保定(2-3年)

装置を外した後に歯並びが元に戻らないよう、歯の周りの組織が安定するまでの期間です。保定装置(リテーナー)を装着していただきます。