Top > 治療内容案内 > デジタル矯正システムについて

????

 

 

デジタル矯正システムで治療期間の大幅な短縮が可能となりました。

その他にもいろいろなことが可能になりました

・骨の内部まで可視化されるので問題点がよく分かる。

・コンピュータ・シミュレーション技術で最適な治療を計画できる。

・カスタム化により患者様に最適の矯正治療をデザインすることができる。

・ロボット技術によりカスタム矯正用ワイヤーを作成することができる。

・高精度のカスタムワイヤーを用いることで、治療中の痛みが減少する。

・高精度のカスタムワイヤーを用いることで、来院回数が少なくなる。

・歯をできるだけ近い距離で動かすことで、治療期間の“大幅な短縮”が可能となる。

・患者様の治療に対する理解が深まり、より良い信頼関係が生まれる。

デジタル矯正システム

suresmile system + Dolphin imaging + その他のデジタルテクノロジー

アメリカで開発された複数のデジタルシステムを融合することで、より強力な矯正治療のツールを開発することが可能になりました。日本橋はやし矯正歯科では、suresmileとDolphinを軸に、ヴァーチャルペイシェント(仮想患者)の構築から、カスタムワイヤーの作製、さらに治療結果の評価や治療後の長期管理にいたるまでのトータルな矯正治療をデザインします。

????

 
 

3D画像の情報で患者様と同じ口腔の仮想患者を作成し、シミュレーションを行う技術です。

専用のスキャナなどの機材を用いて、患者様の3D写真を撮影した口腔内の三次元情報から、3Dモデルのヴァーチャルペイシェント※を作り出します。それをもとに診断や治療のシミュレーション、治療計画の決定を行い、患者様ごとに最適な矯正治療を設計していきます。ヴァーチャルペイシェントを作成することによって矯正治療の真の“カスタム化”が可能になったデジタル矯正システム。患者様ごとの仮想患者を用いることでより効率的で効果的な治療を提案できます。また各自の状態を深く理解して頂けることで患者様とのコミュニケーションも円滑となりますので、非常に良い信頼関係を築きながら治療を進めていくことが可能となりました。

????

 
 

矯正治療先進国であるアメリカで研鑽を重ねてきた院長が、日本で技術をご提供します。

デジタル矯正システムは、世界でもより新しい治療方法であり、常に進化し続けています。歯科用CTや口腔内スキャンデータからヴァーチャルペイシェント(仮想患者)をコンピュータ内に作り出すことで、骨の内部と歯根との関係をより正確に把握し、安全で確実な矯正治療が可能となりました。日本橋はやし矯正歯科 院長 林一夫は、このデジタル矯正システムの第一人者であり、システムに関する基礎研究から実際の治療にいたるまで、多くの研鑽を積んでまいりました。

????

 
 

※ヴァーチャルペイシェント:仮想患者。3D技術による患者の三次元情報を収集し、患者と全く同じ状態を作り上げたもの。矯正歯科以外でも様々な医療現場に取り入れられつつある先端技術です

 

????

 

????