Top > ブログ > 定期通院までの治療の流れ

定期通院までの治療の流れ

2016/01/13 07:16:35
treatment_of_flow1

みなさまあけましておめでとうございます!日本橋はやし矯正歯科スタッフです(^^)

日本橋はやし矯正歯科は昨年の開院からみなさまに支えられ、無事に新年を迎えることができました。本年もスタッフ一同頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

さて、歯列矯正を行うには、装置を着ける前に様々な行程が必要となりますね。でも、意外とご存じない方が多いのではないでしょうか

知っておくと安心して頂けると思いますので、今回はその流れについてお話したいと思います。

 

 

【治療全体の流れ】

 

矯正をお考えになられて、日本橋はやし矯正歯科におこしいただいたら、まずは

 

ご相談。

 

ご相談の際は以前も書かせていただいた通り、ご希望の方は無料の検査を行っております

そしてご自身の現在のお口の中のお悩みと症状を照らし合わせながら、院長から矯正治療についての説明を致しますので、その時に気になることは何でもご相談頂いております。

▼こちらも併せてご覧下さい。
矯正治療で必須の精密検査を説明します!

 

その後、よくご検討いだたき、日本橋はやし矯正歯科での治療をお決めになられた方は

 

精密検査(お口の写真・お顔の写真・歯形の採得・CT、レントゲンの撮影)を行います。

 

精密検査を行ったら、

  • OraMetrix社(アメリカ)にデータを転送
  • 診断用3Dモデルが完成後に日本に送られる

治療に欠かせない3Dモデルが日本に到着したら、その診断用モデルを基に院長が

  • 診断を行う
  • その後、患者様に診断・今後の治療方針を説明する

という流れとなっています。

データを送付してからモデル到着までにお時間を要しますので、診断までは10日間ほどお日にちをいただいております。それから

 

診断。装着する装置を決めたり、治療方法の具体的な説明があります。

 

そして診断後に装置を装着することになりますが、その前に

  • より清潔な状態にする
  • 装置が付きやすくなる

ために、日本橋はやし矯正歯科では診断日の翌日以降に

 

クリーニング(別途料金はいただいておりません)を行っております。

 

▼ここまでの流れを画像でまとめました。

treatment_of_flow1

※抜歯をして治療される方はクリーニングの前か後、診断から装置装着までの間に抜歯を行っていただきます。

 

そしてついに

 

装置装着(いよいよ歯が動き始めます!)

 

装置がすべてつくとその後は歯の動きに合わせて、ワイヤー交換などの定期的な通院となります。

 

 

【抜歯をする場合/しない場合の流れ】

上で述べたように、抜歯をするかしないかで流れが変わってきますので、分かりやすく画像でまとめてみました。

▼抜歯をする場合の流れがこちらです。

treatment_of_flow2

経験されている方はお分かりかと思いますが、歯を抜くということは結構大掛かりですよね。ですので、慎重な見極めが大切です。

また、大学病院に紹介することもあり、その場合は抜歯までにすこし時間がかかることがあります。

抜歯をクリーニング前に行うか後に行うか、抜歯から装置装着までのタイミングなどは、最適な状態を見計らって行いますので、患者様それぞれで異なります。

 

▼抜歯をしない場合がこちら。かなりシンプルです。

抜歯をしない治療の流れ抜歯をしない場合は少し行程が短縮されます。

 

日本橋はやし矯正歯科では、患者様の状態やご要望により、抜歯もしくは非抜歯の判断を行っており、患者様に最適な治療計画を提案しております。


 

今回は定期的な通院が始まるまでの治療の流れについてまとめてみましたが、お分かりいただけましたでしょうか?

 

▼検査についてはこちらをぜひご覧下さい。
矯正治療で必須の精密検査を説明します!

 

もっと詳しく聞きたい場合や、疑問やご質問等がおありでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
みなさまのご来院をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**