Top > ブログ > 必見!出っ歯(上顎前突)の矯正とデジタル矯正システム

必見!出っ歯(上顎前突)の矯正とデジタル矯正システム

2016/10/28 03:14:49
出っ歯の矯正治療について

こんにちは。日本橋矯正歯科スタッフです。

 

「出っ歯」(上顎前突)でお悩みの方って本当に多く、たくさんのご相談があります。

 

今回はこの「出っ歯」の原因や治療法、そしてデジタル矯正システムでできることを解説していきますので、出っ歯でお悩みの方はぜひぜひ読んでください!

 

出っ歯の矯正治療について

横から見るとよくわかります。出っ歯の方のお悩みはとても深いことが多いのです。

 

 

【出っ歯(上顎前突)の原因って何?】

 

出っ歯になる構造上の原因は、最も多いのがこの「上顎前突」つまり、前歯が生えている上顎が大きすぎる(前方に出ている)状態です。

 

そしてもう一つ、下顎が小さいために、相対的に上顎が大きく見えてしまう現象が起きている場合があります。

 

ほとんどの場合が生まれつき、または遺伝性のものですが、後天的なものもあります。

 

後天的なものの代表が、例えば小さい頃に親指をしゃぶる癖がある場合。しゃぶっている親指に前歯が押し出される形で、徐々に出てきてしまうケースです。

 

このように出っ歯の原因は、先天的な場合と後天的な場合に分かれるのですね。

 

 

 

【出っ歯のご相談が多い理由】

 

出っ歯の方のご相談が多いのは絶対数が多いこと以外にも、その形状ゆえの見た目の悩みが大きいことが挙げられます。

前歯の問題であるだけに、にっこり笑うと大きく目立つことや、横顔で口元が出っ張ってしまうことなどです。

 

また口元が開いたままになりやすく、口を閉じづらいので写真写りが悪いという方もいらっしゃいます。

 

そうなると表情に自信がなくなってしまうこともあり、生活の質に影響を与えてしまうこともあるのです。

 

 

 

【日本人には出っ歯が多い?】

 

古い海外の風刺画などを見ると、多くの場合で、日本人はメガネに出っ歯というのが特徴的に描かれていました。

 

そして、さらにさらに!

 

林先生曰く「昔より今の方が出っ歯が増えている気がする…」とのこと。統計を取ったわけでなく感覚的なものですが、それくらい多いのだ、ということです。

 

 

 

【上顎前突の治療】

 

上顎前突の治療は、アゴの骨の前後的なズレの大きさや前歯の前方への傾きの度合いにもよりますが、小臼歯と言われる歯を抜歯して、その隙間を利用して前歯を後ろに下げる治療を行うことが多いです。

 

それでは、デジタル矯正システムによるシミュレーションを見てみましょう。

 

▼これが治療前の出っ歯(上顎前突)の状態です。出っ歯の矯正治療について

この患者様の場合は、かなり大きく突き出ていることがわかります。

 

▼そこで上で説明したように小臼歯を抜歯し、歯が収まるためのスペースを作ります。

出っ歯の矯正治療について

 

▼そして、矯正治療を行った結果のシミュレーション。

出っ歯の矯正治療について

綺麗に揃ってますね!

 

このように前歯を後ろに下げることで、口元も後ろに下がり、すっきりとた横顔を手に入れることができます。

 

 

 

 

【デジタル矯正システムだからこそのメリットがあります】

 

上記のような、抜歯を伴うような大きな歯の移動を必要とする矯正治療には、様々なリスクを伴いますが、3Dシミュレーションにより、将来起こりうるリスクをあらかじめ想定することが可能なのがデジタル矯正システムの大きなメリットのひとつです。

 

▼こちらではデジタル矯正を用いることで、歯根吸収のリスクを回避するデザインが可能になっています。

デジタル矯正システムで、より安全な矯正治療を!!

▼見た目の予測も大変重要です。このように横顔のシミュレーションを行うと、前もって口元がどの程度下がるのか、ある程度確認することができます。

側貌(横顔)の術後シミュレーション


 

「どうしても前歯が気になって…」と口ごもりながら通院されていた患者様が、どんどん笑顔になっていくのは私たちスタッフもとっても嬉しいことなんですよ!

 

今回は出っ歯についての説明をしましたが、「こんなことが知りたい!」などというご意見がありましたら、ぜひぜひお寄せくださいね。お待ちしております!

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**