Top > ブログ > 矯正治療は未来のためのもの。「早すぎる」はありません

矯正治療は未来のためのもの。「早すぎる」はありません

2019/01/09 04:09:24
ブログ-S

こんにちは。日本橋はやし矯正歯科スタッフです。

 

新年のご挨拶をするには少々遅くなってしまいましたが、昨年は多くの方々にお世話になり、誠にありがとうございました。

本年も、患者様をはじめ、皆様にとりよりよい歯科医院であるように精進いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、新年度や夏の話をするのは早い…そう思われますでしょうか?

実は矯正治療は「今」だけでなく「将来」のことを考えるのが重要なのです。

ここが、一般的な歯科治療と大きく異なる点です。

 

一般的な歯科治療は

  1. 今、歯が痛い
  2. 歯科医院で虫歯が発見された
  3. 治療する

という流れが多いと思います。ですが、矯正治療は「将来こうありたい」という未来図、ゴール地点を想定して行うという点で趣が異なってきます。

 

ブログ-S

 

矯正治療は「今、歯列を治したい」というのと同時に「いつまでにこういう状態まで持って行きたい」という患者様の思いを共有するところから、治療計画がスタートします。

 

例えば「就職」「結婚」といった大きなライフイベントから、「今年の夏に向けてもっと素敵になる!」といった個人様の思いなど、様々に描かれた「将来像」を実現するためのひとつの手段として、矯正治療に踏み切られる方が多いです。

 

矯正治療を検討するのに「早すぎる」ということはありません。

 

無料カウンセリングを行った結果「今回は見送ろう」という選択をされる方もいらっしゃいますが、それももちろん、プロの指導やアドバイスをもとに決められたことですので、治療への第一歩を踏み出したとも言えます。

 

今年、ライフイベントを控えられている方、そして「何かを変えたい」と思われている方、ぜひ無料カウンセリングを受けてみませんか。

 

当院の無料カウンセリングでは、最新のデジタル矯正システムで患者様のデータをお見せしながら、丁寧にお話をお聞きし、治療計画のご提案をさせて頂いております。

 

今年も、より多くの方に一層の笑顔を。

 

スタッフ一同、ご来院を心よりお待ちしております。