Top > ブログ > 高精度カスタムワイヤーとは

高精度カスタムワイヤーとは

2016/01/28 12:00:16
customwire_1

皆様こんにちは。日本橋はやし矯正歯科 スタッフです。
最近一段と寒くなってきましたね。体調を崩されないように、手洗いとうがい、そして歯磨きをしっかりしましょう!!(笑)

 

さて、今回は「カスタムワイヤー」のお話です。矯正装置を付けると、ワイヤーで歯が動かされて行きますよね。患者様ごとにカスタムされるので「カスタムワイヤー」と呼びます。

 

日本橋はやし矯正歯科は、最新のデジタル矯正を行っておりますので、より完成度の高い「高精度カスタムワイヤー」を使用しています。

 

 

 

【「高精度カスタムワイヤー」とは】

新しいロボット技術を用いて、自動で作製されたものを「高精度カスタムワイヤー」と呼びます。

 

これまで、矯正用のワイヤーは矯正科医の経験や勘に頼って、手動で作製されていました。それを完全に自動化することで、人為的な誤差を最小限にすることができます

 

これにより3Dデジタル矯正システムは、従来の矯正治療と比較して大幅な治療期間の短縮が可能になりました。

customwire_2

 

 

 

【カスタムワイヤーの使われ方】

歯並びの凸凹があまりない場合は、最初からこの高精度カスタムワイヤーを使用します。ですが、カスタムワイヤーは一般的なワイヤーに比べると少々太めなため、歯並びの凸凹が強い方には、矯正治療の一番最初には入れたくても入らないことがあります。

 

また、裏側矯正の場合は表側矯正と比較してブラケットとブラケットの距離が短いため、裏側矯正も、カスタムワイヤーを一番最初に使うことが難しいです。

 

※デザインの方法によってはこのスタムワイヤーを一番初めに使うことも可能ですが、この方法に関しては少し専門的になってしまうので、またの機会にこちらのブログか、院長コラムで解説させて頂きますね。

 

 

 

【できるだけ早めに使えるように工夫】

このように最初からカスタムワイヤーを入れられないケースは少なくありません。ですが、できるだけ早期に使えるように、

  • 最初は細いワイヤーで歯並びの凸凹をなだらかにする
  • その時期の通院は間隔を短めにして調整する

患者様と個別に相談しながら、このような方法で対応しています。

 

 

 

【カスタムワイヤーへの移行「Therapeutic scan」】

  • 各種写真撮影を行います
    カスタムワイヤーに移行する際には、最初に行った検査のように、レントゲン写真やお顔のお写真、お口の中のお写真をお撮りします。
  • 歯形取りを行います
    歯型取りは、ブラケットがついている状態で行うことになりますので、専用スキャナーでお口の中をスキャン致します。

 

この一連の資料取りを『Therapeutic scan:治療用スキャン』といいます。もちろん、追加の費用等はございませんので、ご安心ください。

 

 

 

【カスタムワイヤー装着!】

Therapeutic scan後、3~4週間でカスタムワイヤーがアメリカから届き、そしていよいよカスタムワイヤーを用いた治療が始まります!!

 

▼カスタムワイヤーが装着されました!

 

▼元となった3Dモデル。ほぼ正確に設計されています。customwire_3d

カスタムワイヤーを使用するまでの流れはなんとなくお分かりいただけましたでしょうか?

カスタムワイヤーの精度の高さは治療期間の短縮にもつながります。私たちも精一杯治療のお手伝いをさせて頂きますので、引き続き、矯正治療を頑張りましょう!

 

また現在、矯正治療をご検討中の皆様もまずはお気軽にご相談下さいませ。スタッフ一同、心よりお待ちしております(^^)

 


**日本橋駅、東京駅からどうぞ!日本橋はやし矯正歯科**