日本橋はやし矯正歯科 TOP > コラム > 加速矯正「オーソパルス®」について

加速矯正「オーソパルス®」について

2018/09/12 11:58:49

こんにちは。日本橋はやし矯正歯科院長、林 一夫です。
今回は当院が導入している「加速矯正」について詳しくお話させて頂きます。

 

 

【より速く、より快適な矯正治療のためのオーソパルス®】

■光加速治療で細胞エネルギーが活性化する

 

光加速治療で照射するのは、低レベル光である近赤外線です。

矯正歯科治療を行いながら、この近赤外線を歯の周辺組織に照射することで、細胞エネルギーが活性化され、治療をスピードアップするだけでなく、痛みも軽減することができるというものです。

■なぜ光加速治療が効果的なのか

 

歯列矯正は骨や組織に圧力(ストレス)をかけて行いますので、細胞の本来の働きは一時的に弱った状態になってしまいます。

しかし細胞に光をあてることで細胞中のミトコンドリアが反応し、歯を移動して治癒させようとする細胞のエネルギーを高めることができるのです。

オーソパルス(オルソパルス)本体とケースの画像

 

【光加速治療を可能にする装置がオーソパルス®(OrthoPulse®)です】

 

カナダのバイオラックスリサーチ社によって開発され、2015年の秋にFDA(米国食品医薬品局)で認証を受けた世界最先端の医療機器です。

 

■オーソパルス®のメリット

オーソパルスのメリットは早い、安定、痛み緩和のイメージ画像

  1. 自宅で手軽に治療を行えます
    オーソパルス®(OrthoPulse®)は患者様ご自身がご家庭で、安全かつ簡単に光加速治療を行うことが可能です。治療を行うために通院する必要がないのでとても手軽です。
  2. 痛みを緩和してくれます
    近赤外線のエネルギーを利用して歯の周りの組織を活性化させるので、痛みを和らげながら歯の動くスビードを速めることができます。
  3. 治療後の安定にもなります

一般的に歯列矯正は、約2年〜3年程の治療期間がかかります。

それは、歯自体は比較的速く移動させることが可能ですが、歯根の周辺の骨はそれほど速いスピードで再生しないため、安全に歯の移動をするにはある程度の時間が必要だからです。

この点を解決するのがオーソパルス®です。
研究結果ではオーソパルス®を使用することで、歯根吸収させることなく、治療期間を最大66%短縮できることが確認されています。
約1/3になるということですから、通常は3年かかる治療を安全に1年程度で終了させることが可能なのです。

 

 

【オーソパルス®の仕組みをおさらいします】

 

オーソパルス®は、内蔵のLED光エミッターから近赤外線である850nmの波長の光が照射され、細胞内のミトコンドリアに作用して、代謝を向上させます。

オーソパルス®の光エミッター部分。

オーソパルス®の光エミッター部分。

この際、細胞が機能するためのエネルギーを生成し、細胞の活性化により歯の移動が促進され、歯の移動に伴う痛みも緩和します。

 

■こんな方におすすめです!

 

  • 1日でも早く治療を終わらせ、歯並びを気にせず思いっきり笑いたい方
  • 就職や入学、結婚式など、新生活や特別な日までにキレイな口元になりたい方
  • 矯正にともなう痛みに対して不安のある方
  • 矯正装置をなるべく早くはずしたい方
  • 仕事が忙しいので、あまり治療期間を取ることができない方
  • 矯正治療を早く終えたいが、外科的処置に抵抗のある方

 

オーソパルス(オルソパルス)を手にした女性の画像

■すでに医療現場で使われており安全性も立証されています

 

もちろん、何より安全かどうかが皆様気になるところ。患者様以上に歯科医師である私たちが神経を尖らすところです。

でも大丈夫!医療におけるフォトバイオモジュレーション(PBM)の使用は決して新しいものではなく、長い歴史のあるものなのです。

 

1931年にオットー・ワールブルクがミトコンドリアが光に反応する性質を持つことを発見し、ノーベル賞を受賞しました。

またPBMに関する学術論文については、査読を受けたものが5000点以上存在します。

 

歯科および医学会で使われているPBMを用いた医療装置については少なくとも17種類はあります。

 

PBMは疼痛治療などの医療分野のみならず、美容・アンチエイジング治療、骨折の治癒促進など、あらゆる分野で使われており、その安全性と治療効果についてもすでに1000以上の研究結果が発表されています。

 

 

 

【使いかたは簡単、使い心地は快適】

 

■様々な矯正装置と併用でき、簡単便利!

 

毎日10分、日常の合間の時間に簡単に治療ができ、マウスピース、ワイヤー、どんな装置とでも併用していただけます。

 

オーソパルス(オルソパルス)を使用している女性の画像

 

オーソパルス®に埋め込まれた、医療品質レベルの柔らかなシリコンに安全かつ優しいLED光エミッター(放出体)により、まるで「運動選手が使うマウスピースのような感覚」で口内に簡単に装着することができます。

 

■専用アプリで忘れを防止

 

使い終わった後はクレイドルに置くだけで充電が開始し、同時にオーソパルス®専用アプリとデータが同期します。

 

オーソパルス(オルソパルス)本体とスマホアプリの画像

 

継続的にきちんと使えているか、このアプリで確認できるので、使い忘れの防止にもなります。

 

※効果には個人差があり、全ての人に同様の効果が得られるとは限りません。

※加速矯正プランは、当院で矯正治療を行われている方のオプションとなります。

日本橋はやし矯正歯科
院長 林 一夫

ドクターの紹介

日本矯正歯科学会認定医
日本矯正歯科学会指導医
日本顎関節学会専門医
日本顎関節学会指導医
デンツプライシロナ公認 SureSmile/Adance/Orhto/Aligner ファカルティ・ドクター/インストラクター・ドクター

経歴

1995年 北海道医療大学歯学部卒業
1999年 北海道医療大学大学院歯学研究科歯学専攻博士課程修了・学位取得
1999年 海道医療大学歯学部矯正歯科学講座 助手
2003年 アメリカ・ミネソタ大学歯学部口腔科学科 客員研究員
2006年 北海道医療大学歯学部矯正歯科学講座 講師
2007年 北海道医療大学歯学部口腔構造・機能発育学系歯科矯正学分野 講師
2007年 北海道矯正歯科学会 理事
2008年 アメリカ・ノースカロライナ大学歯学部矯正科 客員教授
2008年 北海道医療大学歯学部口腔構造・機能発育学系歯科矯正学分野 准教授
2011年 Digital Orthodontics 研究会 副会長
2015年 日本橋はやし矯正歯科 開院
2018年 K Braces矯正歯科原宿駅前 総院長就任
2021年 日本デジタル矯正歯科学会 副会長就任
2002年 11月 日本矯正歯科学会認定医(第2293号)
2007年 8月 日本矯正歯科学会指導医(第608号)
2013年 5月 日本顎関節学会専門医(第343号)
2013年 5月 日本顎関節学会指導医(第208号)