日本橋はやし矯正歯科 TOP > コラム > ソーシャル・スマイルのためのソーシャル6(social 6 )

ソーシャル・スマイルのためのソーシャル6(social 6 )

2016/01/22 06:22:25

みなさんこんにちは。日本橋はやし矯正歯科 院長の林 一夫です。

今回は部分的な矯正治療、特にソーシャル6(social 6)とよばれる上あごの前歯6本の矯正治療についてお話したいと思います。

 

 

【ソーシャル・スマイル、social 6とは】

 

▼この写真の違いが分かりますか?

様々な笑顔左から右に向かって、以下の状態です。

  • 安静にしている状態
  • 笑顔の最初の段階:ソーシャル・スマイルと呼ばれます
  • 笑顔の第二段階で大きく笑っています

中央の「にっこり笑った状態」は社交の場で最も多く見られる笑顔なので「ソーシャル・スマイル」、そしてその時にはっきりと見える前歯6本が「social 6」と呼ばれています。

 

このソーシャル・スマイルを美しく改善したいとの想いから、矯正治療を受けられる患者様が多く来院されます。

 

 

【「social 6」の矯正治療、日本人は難しい】

 

患者様は、この「気なっている前歯のみを治療することは可能なのか?」という疑問を持っています。

 

そして歯科医師の中には「前歯のみの矯正治療は簡単で、矯正治療の専門知識なしに行うことができる」と考えている場合が多いと思います。

 

もちろん、ちょっとした前歯の捻じれや少しの隙間を治す、それだけなら治療できる場合もありますが、そううまく行くケースは実は非常に少ないのです

 

欧米人の場合は日本人と比較して歯の凸凹が少ないので、比較的難易度の低い治療で改善できることが多いですが、日本人は歯の凸凹が多いので、この前歯6本(social 6)のみ治療ではとても困難な場合があります

 

私は、前歯6本のみの矯正治療を決して否定しているわけではありませんし、患者様が前歯のみの治療を希望され、結果に満足されるのであれば、積極的に行っています。

 

すべての矯正治療で言えることだとは思いますが、矯正治療の治療目標は

  • 患者様がどの程度の歯並びで満足することができるのか
  • 決して“矯正医目線からの完璧な歯並び”を目指すのではなく、どこにお互いが妥協できる目標を設定するのか

ということだと考えます。そして前歯6本のみの治療はこういった点で、多くの状況で妥協が必要になることが多いです。

 

 

【soclal 6の治療を希望された実例】

 

▼この患者様は、上顎の前歯のみの治療を希望され来院されました。

ソーシャル6矯正前の歯列1

ソーシャル6矯正前の歯列2

 

▼まず、前歯6本をそのまま並べたときのシミュレーション結果です。

ソーシャル6矯正最初のシミュレーション赤い矢印の部分を見ていただくとお分かりなるように、ただ並べただけでは出っ歯になってしまいます。

 

▼これを受けて、前歯の幅を小さくする処置(IPR:Inter Proximal Reduction)を行った場合のシミュレーションを行いました。

ソーシャル6が出っ歯にならないように調整したシミュレーション

social6_6

出っ歯にならないようにIPRを行った結果、確かに出っ歯はかなり矯正されます。

ところがこれで、歯を削る量が1.0mmよりも多くなる部分ができてしまうことがわかりました。

※赤枠の部分が歯を削る量を示しています。

 

これだけの量のエナメル質を削ってしまうと、その内側の象牙質が露出し、知覚過敏などの症状が出てしまいます矯正の結果、歯の健康を損ねるようなことがあってはなりません

▼そこで、前歯だけの治療ではなく、上顎全体の部分矯正による治療を想定し、シミュレーションを行いました。

social6_7 social6_8

IPRを行う歯の数が増えたことによって、

  • 歯を削る量をそれぞれ半分以下にできる
  • 象牙質が露出するリスクが小さくなる
  • また出っ歯にならないような治療をおこなえる

ということがことが分かりました。

このシミュレーションを基に患者様に説明をさせていただいた結果、前歯6本のみの治療ではなく、より安全で効果的な上顎全体の部分矯正で治療をスタートすることになりました。

 

また患者様が望んでいた「よりシンプルな矯正治療を受けたい」というご要望にもこたえることが出来る治療方針だと思います。


 

このように、

  • 上あご6本の前歯(social 6)のみの矯正治療も、けっして簡単な矯正治療ではない
  • 矯正専門医の知識と最新の技術があってこそ、より良いものにしていくことができる

ことがお分かりいただけたと思います。

矯正治療をお考えの方はより良い結果を得るために、ぜひ矯正の専門家にご相談されることをおすすめ致します。

 

参考文献:Carlos Alexandre. Aesthetics in Orthodontics: Six horizontal smile lines:Dental Press J. Orthod.131 (15)1, 118-131, 2010

日本橋はやし矯正歯科
院長 林 一夫

ドクターの紹介

日本矯正歯科学会認定医
日本矯正歯科学会指導医
日本顎関節学会専門医
日本顎関節学会指導医
デンツプライシロナ公認 SureSmile/Adance/Orhto/Aligner ファカルティ・ドクター/インストラクター・ドクター

経歴

1995年 北海道医療大学歯学部卒業
1999年 北海道医療大学大学院歯学研究科歯学専攻博士課程修了・学位取得
1999年 海道医療大学歯学部矯正歯科学講座 助手
2003年 アメリカ・ミネソタ大学歯学部口腔科学科 客員研究員
2006年 北海道医療大学歯学部矯正歯科学講座 講師
2007年 北海道医療大学歯学部口腔構造・機能発育学系歯科矯正学分野 講師
2007年 北海道矯正歯科学会 理事
2008年 アメリカ・ノースカロライナ大学歯学部矯正科 客員教授
2008年 北海道医療大学歯学部口腔構造・機能発育学系歯科矯正学分野 准教授
2011年 Digital Orthodontics 研究会 副会長
2015年 日本橋はやし矯正歯科 開院
2018年 K Braces矯正歯科原宿駅前 総院長就任
2021年 日本デジタル矯正歯科学会 副会長就任
2002年 11月 日本矯正歯科学会認定医(第2293号)
2007年 8月 日本矯正歯科学会指導医(第608号)
2013年 5月 日本顎関節学会専門医(第343号)
2013年 5月 日本顎関節学会指導医(第208号)