Top > コラム > マウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正治療

マウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正治療

2018/03/06 01:54:00
より良いマウスピース治療の治療計画

こんにちは。日本橋はやし矯正歯科 院長の林 一夫です。

今回は、新しく導入した最新の口腔内スキャナー“iTero”と、日本橋はやし矯正歯科が行っている最新の“インビザライン”治療についてお話したいと思います。

 

▼ ” iTero element ” についての記事はこちらです

最新の口腔内スキャナー” iTero element “を導入しました

 

 

【普及が拡大するマウスピース矯正の注意点】

 

インビザラインは、現在最も用いられているマウスピース矯正のシステムであり、広く普及するとともに、その治療成績も格段に進歩してきました。

 

▼インビザラインの公式サイトはこちらです
インビザライン・システム | 【公式】インビザライン・システム

 

 

しかしながら、このシステムのみで歯の根っこ(歯根)やアゴの骨(歯槽骨)までを考慮した治療計画を立てることはできません。

 

マウスピース矯正の場合、歯列の幅を拡大して歯をならべる治療を行うことがあります。

その際に、歯根と歯槽骨の情報が無いまま治療計画を立てた場合、歯根が骨から出てしまうという、非常に危険な治療計画になってしまう可能性があります。

 

以前のコラムにも書かせていただいた症例を基にお話したいと思います。

 

▼こちらの症例となります

デジタル矯正システムで、より安全な矯正治療を!!【その3】

歯の凹凸、叢生の患者様の写真

 

 

【「歯」だけの治療計画では十分ではない】

 

こちらの患者様には、上下顎ともに重度の凸凹がありました。

そして非抜歯(歯を抜かない)による治療を強く希望されており、そのご希望に応えられるような治療計画を立てることになりました。

 

しかし、歯の部分だけを基準にした治療計画を立てた場合、図のように歯根が骨から飛び出してしまうことが分りました。

 

そこで、歯の根っこを骨の中に維持しながら歯をならべることの出来る治療計画に変更しました。

 

このような歯と骨の情報からより安全な計画を立てることは、「歯」だけを3Dモデルにしたインビザラインのみの治療計画では難しいことがお分かりいただけると思います。

 

マウスピース矯正の危険な治療計画と安全な治療計画

 

ですので日本橋はやし矯正歯科では

  1. 歯と骨の情報を基にした治療計画を立てる
  2. その歯の動きを正確にインビザラインの治療計画を立てる
  3. これら治療計画に反映させるシステムを用いる

これらを行うことで、このようなインビザライン治療の弱点を克服し、より緻密で安全なインビザラインによるマウスピース矯正治療の提供を実現しています。

 

以下の図のように、歯と骨の情報から治療計画を立てています。

より良いマウスピース治療の治療計画

 

 

【” iTero element “導入によりさらなる品質の向上を】

 

また、前回のコラムでは、当院が導入したインビザライン専用スキャナー” iTero element “についてご説明させて頂きました。

 

▼前回のコラムはこちらです

最新の口腔内スキャナー” iTero element “を導入しました

 

” iTero element “があるかどうかはマウスピース型矯正装置(インビザライン)による治療にとって非常に大きなアドバンテージです。

 

” iTero element “によるスキャンニングを行えば、最短でインビザライン矯正装置を患者様に届けることができ、またインビザラインの性能自体も向上し、最終的な仕上がりに差が生じます。

 

 

歯と骨の情報から設計した安全な治療計画をダイレクトにインビザラインの治療計画に反映することのできるシステムを、日本橋はやし矯正歯科では日本で先駆けて導入しています。

 

▼治療計画の関連記事も併せてご覧ください
デジタル矯正システムで、より安全な矯正治療を!!
デジタル矯正システムで、より安全な矯正治療を!!【その2】